20200117_0007.jpg

佐藤きりん〈音楽家、詩人〉

 

1977年大分県生まれ。音楽家、詩人。コントラバス、ウクレレ奏者。

2002年広島大学大学院修了。仏哲学者メルロ=ポンティを研究する。在学中にジャズベーシストの道を志し上京。ジャズクラブ代々木NARUへのレギュラー出演、コーラスグループjammin’Zebのサポートなど、多くの実績を積む。

 

〈音楽家〉

2005年girafe(じらふ)を結成。自作曲を演奏する。

柔らかな日本語詩と懐かしさを秘めたメロディーは、聴く人に深い余韻を残す。世代を超えて共感を生むその作品は、幼少から口遊んでいた童謡唱歌や、宮沢賢治の童話・詩など、文学作品からの影響が大きい。

2009年girafe1stアルバム『朝のきりん』、2014年2ndアルバム『春のスケッチ』をリリース。大分平和市民公園能楽堂、吉祥寺スターパインズカフェなど、各地でリリースライブを行い好評を博す。2014年7月、富山テレビ「富山いかがdeSHOW」のエンディングテーマ曲に「朝のきりん」が採用される。

 

〈詩人〉

2008年頃から詩人としての活動を始める。

ブログで詩作「未知なもの」を執筆。心象の水面に浮かんでくる泡沫のような言葉は、読み手を新鮮な驚きへ誘う。

2009年新橋オフィス銀の鈴にて「詩作品展『未知なもの』」を開催。2010年インターネットラジオKizzna「声が聴きたい夜にひらくページ」に2週に渡り出演し、詩の紹介と自作曲の生演奏が放送される。2013年第9回文芸思潮現代詩賞入選。

 

〈企画〉

2010年「うたげの日」を主催。

音楽家を中心に朗読家、演劇人、画家などが会し、一夜限りの物語を紡ぎ出す。6年間で計21回開催されたこのイベントのファンも多く、演者聴衆問わず様々な交流を生む。

2015年音楽教室sucreを設立。

交友の深い音楽家らを講師に迎え、活きたアンサンブルが生まれる場作りに奮闘。楽長として教室運営を務めながら、コントラバス、ウクレレ講師を兼任。2020年2月に退任。

 

〈現在〉

2019年活動名を「佐藤きりん」に改名。

2020年第1回新しい子どものうた作詞コンクール、すいか賞(佳作)受賞。

2021年第28回西東三鬼賞入選。

 

音楽と言葉と戯れながら、独自の活動を展開する。

photo by amigraphy